WooRis

ママ友との会話は苦手…「ぎこちない会話」がスムーズになる秘訣5つ

あなたは、普段周りのママ友といい関係を築けていますか? 子どものことを考えても、ママ友とはできればいい関係を築いておきたいものです。

子どもを介して付き合いのあるママ友は、どうしても自分の友達とは違いますよね。そして、中には苦手な人もいるはずです。ですが、そうしたママ友との会話も、できればスムーズに楽しく行いたいものですよね。

そこで今回は、海外のライフスタイル紹介サイト『AMERIKANKI』などを参考に、“苦手なママ友ともスムーズに会話できる秘訣5つ”を紹介します。

 

■1:話題を変えてみる

この技は、覚えておいてください。話が何か詰まったり、ちょっと沈黙が続いたりした場合、ズバッと話題を変えてみましょう。違和感なく、その話題に入れるはずです。沈黙が続いた場合、前の話題を無理に続ける必要はありません。

自分の話しやすい話題に変えてしまいましょう。

 

■2:質問する

話の内容が分からなかったり、ちょっと会話が詰まったら、すかさず質問してみましょう。人は誰でも自分のことを聞かれて悪い気はしません。質問は、その人に興味を持っていることの証でもあります。

 

■3:良い聞き手になる

お互い自分の話ばかりしていて、相手の話を聞いていない時に、沈黙があります。こういう事態にならないためにも、相手の話を良く聞いてみましょう。

アイコンタクトをしたり、タイミングよく頷いたりして、相手に話を聞いていることがわかるように反応しましょう。会話がうまく転がるはずです。

 

■4:落ち着いた対応で

会話が予想外の展開になり、全くついていけない状態になったとしても、落ち着いて対応しましょう。他の人は、それほど、あなたのことには注目していないと思います。

“自分だけがこの会話についていっていない”などと焦る必要は全くありません。分からない話題や、興味のない話は、余裕を持って、落ち着いてやり過ごしましょう。

 

■5:席を外す

もし、どうしても会話についていけなくなったり、話の雰囲気が悪化してしまったりしたら、トイレに行ったりして、一度席を外す、というのも良い手です。

こうして戻ってきた時には、気分も一新して会話を始めてみましょう。

 

以上、“苦手なママ友ともスムーズに会話できる秘訣5つ”でしたが、いかがだったでしょうか? どれもさりげなく行うことができるのではないでしょうか。

ママ友との会話に困ったら、さっそく試してみてください。苦手なママ友とでも、きっと関係づくりもうまくいくのではないでしょうか。

 

【参考】

※ Avoid Awkward Silences with These Foolproof Tricks – AMERIKANKI ※ How to be a Brilliant Conversationalist – Lifehack

 

【関連記事】

※ 命の危険も!子どもの免疫機能を上げ「インフルエンザを予防する」方法5つ

※ たった2つだけ!「風邪をひかない子ども」に育てる為にやる事

※ つい憧れママと自分を比べてる…育児に悪影響を与える「NGママ友付き合い」って?

 

【Special Contents】

※ ママ友の目が気になる…!「いいママ」でいるためのウイルス対策法とは【PR】

※ 受験を一緒に乗り切ろう!この冬ママができる「ウイルス・菌対策」の秘訣【PR】

※ いつも清潔でいたい!冬のウジャウジャ「ウイルス・菌」を子どもと乗り切る方法【PR】

 

【オススメ動画】