Itmama

冬の適正な室内温度って何度?「0歳児の風邪対策」で気をつけたいこと

朝起きたら、一面の銀世界で心踊ったのも束の間、現実は厳しい冬の到来に鼻をすする日々だったりしますよね。大人でさえこんな状態なのに、赤ちゃんは大丈夫かな……と、心配になるママも多いはず。

今回は、助産師である筆者が、風邪対策に知っておきたい“赤ちゃんに適正な冬の室温と注意したい点”についてお話します。

 

■冬の「着させ過ぎ」に注意!

赤ちゃんって抱っこすると、温かいですよね。大人より約1度体温が高く、平均的な体温は36.5~37.5度なのです。

体温調節機能は、とても未熟なため、生まれたばかりの赤ちゃんは熱が下がりやすいのですが、数日すると熱が高くなりやすくなったりもします。なので、大人は寒いと思っても、体温が高めの赤ちゃんは汗をかいていることもあるのです。

ママが判断に迷うときは、背中に手をいれてチェックしましょう。手足が冷たくても顔色がよく、背中が温かければ問題ありません。

着させすぎてしまうと、汗をかいて反対に体が冷えたり、あせもなどの皮膚トラブルにもつながるので注意してくださいね。

 

■適正な室内温度は?

今、お部屋の温度、湿度は何度に設定してますか?

適正な室温は冬の場合、22~23度、湿度40~60%程度です。暖房器具を使っているお家がほとんどだと思いますが、赤ちゃんに直接温風などが当たらないように、乾燥を避け、加湿を心がけるようにしてください。

特に、夜はあまり室内を暖め過ぎないことが大切です!

私たち大人と同じように、赤ちゃんも眠る前に自分の体温を下げて、眠りに入りやすくしています。その際に、手足から熱を出しているので、室温があまりに高すぎるとうまく熱が下がらず、汗をかいて機嫌が悪くなってしまうのです。

寝室の暖房は早目に切っておきましょうね。

 

■風邪をひかせないためにママが気をつけるべきこと

さきほどお話ししたように、赤ちゃんは体温の調節機能が未熟で、大人よりも体温が高いので、汗をかきやすい状態です。

なので、パジャマは大人が考えているよりも1枚少なくして、布団は薄めのものを選ぶとちょうどいいでしょう。

冬は足先が冷たくなることが多いのですが、赤ちゃんは足裏でも体温を調節しているので、靴下を履かせない方がよいでしょう。あとは、寝汗をかいたらこまめに拭くようにしたり、吸水性のよい寝具や衣類を選んでいきましょう。

 

いかがでしたか?

生まれたばかりの頃は、ママのぬくもりでほっこりしてた赤ちゃん。今は、「赤ちゃんがあったかいから湯たんぽ替わり!」なんてぬくぬくしているママも少なくないのでは?

赤ちゃんが過ごしやすい環境を整えて、ママと赤ちゃんくっつきながら、寒い寒い冬を乗り越えていきましょう!

 

【画像】

※ Andriy Maygutyak / Shutterstock

 

【著者略歴】

伊藤麻衣子・・・助産師。育児に悩むママたちになにかできないかと思いから『新米ママの姉と助産師の妹のGOGO育児』のブログを始め、妊娠、出産、育児の疑問をゆるく解説しながら、子育ての楽しさを発信中。

 

【関連記事】

※ 風邪をひきやすい原因はコレ?免疫機能を弱くする意外な要因8つ

※ 看護師は絶対やらない!「子どもがインフルエンザになったとき」のNG行動4つ

※ やりがちだけど実はNGな「インフルエンザ」罹患時の行動

 

【Special Contents】

※ ママ友の目が気になる…!「いいママ」でいるためのウイルス対策法とは【PR】

※ 受験を一緒に乗り切ろう!この冬ママができる「ウイルス・菌対策」の秘訣【PR】

※ いつも清潔でいたい!冬のウジャウジャ「ウイルス・菌」を子どもと乗り切る方法【PR】

 

【オススメ動画】