WooRis

春でも油断大敵!インフルエンザや風邪予防に取り入れたい食材6つ

春がきて、インフルエンザの季節もようやく終わった……なんて安心してちゃダメダメ! 油断したそのときが一番体調を崩しやすく、危ないのです。

とくに、「今シーズンは予防接種をしなかった」というあなたのために、アメリカの女性誌『Women’s Health』ウェブ版の記事を参考に、“風邪やインフルエンザの予防に効くとされる食材6つ”をご紹介します。

 

■1:マグロ

マグロは、抗酸化作用がある栄養素 “セレニウム”を多く含有しているため、免疫力を高めてくれます。ツナの缶詰なら気軽に食べられるので、風邪などが流行りやすい時期には、サラダやサンドイッチに入れるのもいいでしょう。

 

■2:キノコ

椎茸や舞茸などのキノコ類には、体を感染症から守ってくれる栄養素 “ベータグルカン”が多量に含まれています。風邪をひきやすい人は、スープや煮物、炊き込みご飯など、キノコを使ったレシピを増やしてみましょう。

 

■3:かぼちゃの種

かぼちゃの種には、風邪の治療に効果があるといわれる栄養素 “亜鉛”がたくさん詰まっています。「あら、種は捨てるものじゃないの?」なんて言わずに、レシピを探してみて下さい。おやつやおつまみにも使えそうです。

 

■4:さつまいも

さつまいもには、豊富なビタミンAが含まれ、活性酵素と闘ってくれます。ふかしたり、スイーツにしたり、家族に喜ばれるレシピもいろいろあって、料理も楽しくなりそうですね。

 

■5:緑茶

日本で伝統的に飲まれている緑茶ですが、抗酸化物質をたくさん含んでいます。お茶の時間に、コーヒーの代わりに飲む習慣をつけたいですね。

 

■6:ヨーグルト

ヨーグルトに含まれる “プロバイオティクス”は、腸内の細菌を正常値に保つ役割をしてくれます。おやつや朝ごはんに取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

以上、インフルエンザや風邪の予防に効果があるといわれている食品6つをご紹介しましたが、いかがでしたか? どれも、手軽に料理に取り入れられそうな美味しいものばかりですね。

普段のレシピにうまく取り入れられれば、知らず知らずのうちに免疫を強化し、感染症に強い体作りができるかもしれませんね。ただし、どんな栄養素も摂り過ぎは禁物! バランスよく摂取してくださいね。

 

【参考】

※ 6 Foods That Help Fight the Flu – Women’s Health

 

【関連記事】

※ 働きママ必見!夕食が遅くなりがちな保育園児を早く寝かせるコツ

※ 名前にバツを付けられた子はどうなる?大人の都合で「子どもの成長の芽を潰すNG先生」に注意!

※ 幼稚園ママは敬語を使わない!? 「保育園ママ&幼稚園ママの違い」と園探しのコツ

 

【Special Contents】

※ ママ友の目が気になる…!「いいママ」でいるためのウイルス対策法とは【PR】

※ 受験を一緒に乗り切ろう!この冬ママができる「ウイルス・菌対策」の秘訣【PR】

※ いつも清潔でいたい!冬のウジャウジャ「ウイルス・菌」を子どもと乗り切る方法【PR】

 

【オススメ動画】